2014年12月14日

投票に行こう いとうせいこう氏の呼びかけ

衆院選にあたって、いとうせいこう氏が綴った文章が
ネット上で共感を呼んでいるそうです。

選挙について、一票の重さについて、投票する事について、
とても考えさせられる文です。

ツイッターで1万3千回以上のリツイート、
フェイスブックでは3万6千人以上がシェアしています。

「一羽の鳥について(あらゆる選挙に寄せて)」
http://politas.jp/articles/213
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分一人が投票したところで何も変わらない、と多くの人は思う。選挙を前にして自分が無力であると感じる。その感覚に傷ついて無関心になる人もいる。

だが、「自分一人が投票したところで何も変わらないと思う一人」が投票すると社会が変わる。

私は何度かそういう選挙を見てきた。

デモも同様である。

「私一人が出かけようが出かけまいが何も変わらないと思う」人が実際に出かけると、それが膨れ上がる列になる。

その時、世界は何かしら変わる(ただし根本的に私は、変わろうが変わるまいが思ったことを主張しに出かければよいだけだと考えるのではあるが。そもそも世界を変えたい場合、有効性ばかりを先に考えることは無意味だ。なぜなら変わる前の世界から見た有効性の基準は必ず「古い」から)。

がらりと世界が変わることもある。それはほとんど次元の移動のようだ。今生きている世界から別の世界に、人は突然接続する。私は決して疑似科学を語っているのではない。

これが選挙の謎なのである。

代議制の、つまり多数の者が少数を選び、選出された者に政策をまかせるシステム、すなわち民主主義の厳密な数学、ないしは物理学がこれである。

多数の者が少数の権力者に影響を与えるわけだから、それはデモの謎でもある。

渡り鳥は飛び立つ時間をあらかじめ知っているのではなく、みんなで行きつ戻りつするうち突然旅に出る

私が変わると「私たち」が変わる。

私が行かない投票には何千万人かが行かない。

私が行く投票には何千万人かが行く。

特に浮動票と言われる「私たち」は渡り鳥のようなものだとイメージしてもいい。渡り鳥は飛び立つ時間をあらかじめ知っているのではなく、みんなで行きつ戻りつするうち突然旅に出る。

その時、どの鳥が出発を決めたか。

最後はリーダーが決まってくるとしても、飛ぶ群れの起源を遡ればどうなるか。

「私」という一羽の鳥が、としか言えないのではないか。

ある種の「政治不信というキャンペーン」によって「無力」さを刷り込まれているのだ

さて、もしもあなたが「私たちが変わったところで政治家が変わらないのだから意味がない」と思うなら、それはそれである種の「政治不信というキャンペーン」によって「無力」さを刷り込まれているのだと私は考える。

国民が「政治不信」になればなるほど、組織票を持つ者が好き勝手にふるまえる。

むしろ無力なのは選挙に落ちるかもしれない政治家の方だということを思い出して欲しい。

選挙期間というのは「無力」さの逆転が起きる時間なのであり、結果を決めるのは例の「私たち」以外にない。

つまり「私」以外に。

その時「力」はどちらにあるか。

あなたにある。

これが選挙というものの恐るべき、スリリングな本質だ。
posted by 赤じそジュース at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発と政治の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

最も景気を良くしたのは鳩山政権

12月2日の「日刊ゲンダイ」に、
「最も景気を良くしたのは鳩山政権だ」という記事がありました。

リーマンショック以降、最も景気を良くしたのは鳩山政権で、
民主政権時代はGDPは5%も成長したそうです!

それは「子供手当」や「高校無償化」によるものなんだとか。

安倍首相は、何かというと「民主政権時は悪かった」と
繰り返していますが、全然ウソだったんですね!

そんなウソまで付いて「この道しかない!」と
繰り返すのを見ると、まるでオレオレ詐欺のように見えてきます。

ところで当時、官僚たちは「子供手当」や「高校無償化」を
「バラマキだ」と、さんざん非難しましたが、
事実は全く逆。本当は国民は喜ぶべきだったんですね。

官僚たちは、真実を隠して、自分たちの望む所に
国民の意見を誘導するのが、本当にうまいです。

直接国民にお金を渡す事は、
官僚が裁量できるお金が減る事を意味します。
だから絶対反対。

国民が自分で自分の首を絞めるよう、誘導したのですね。

「データが裏付け 安倍首相「民主政権で日本経済衰退」のウソ」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155387
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総務省が11月28日に発表した10月の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は前年同月比4%減。4月以降7カ月連続のマイナスで、アベノミクスの失敗が改めて浮き彫りとなった。

 それでも安倍首相は「民主党政権時代よりマシだ」「あの3年3カ月で日本経済は衰退した」と民主党を攻撃しているが、お門違いもいいところだ。08年のリーマン・ショック以降、日本の景気を最も上向かせたのは、実は鳩山政権だった。

 裏付けるデータもある。家計調査は消費支出と同時に毎月、「勤労者世帯の収支」を公表している。働く世代の実収入や可処分所得、消費支出の統計で、世帯主が会社・団体の役員である世帯は対象外。サラリーマン家庭の台所事情がよく分かる経済指標だ。

「10月分」の数値をさかのぼると、リーマン後のピークは2010年10月。可処分所得は前年同月比8.4%増の41万9532円、消費支出は同4.7%増の32万727円だった。そこから今年10月は可処分所得が1万4850円も減り、消費支出は4573円ダウン。

「10年10月といえば民主党政権の誕生から丸1年。鳩山政権は普天間迷走の責任を取って退陣していましたが、政権当初に実施した『子ども手当』や『高校無償化』など政策のタネが、ちょうど花を咲かせたと言っていい。子育て世帯の所得を直接増やし、あるいは下支えした結果、家計に余裕が生まれて消費が伸びたのだと思います」(経済評論家・斎藤満氏)

 国民の生活が第一、コンクリートから人へ……これらの政策の正しさはGDPの成長率にも表れている。民主党政権の3年3カ月でGDPは5%強も成長したが、安倍政権の2年間の成長率は1.5%にとどまる。この1年に限れば3四半期でマイナス成長だ。

「勤労者世帯を豊かにしなければ消費は伸びず、経済のパイは大きくなりません。民主党政権は確かに失政が目立ちましたが、勤労者を重視する経済政策に大きな過ちはなかった。アベノミクスは逆に資産家や大企業を大事にして勤労者との格差を拡大させてしまった。民主党はもっと、経済政策に自信を持つべきです」(斉藤満氏)

 有権者も断じて安倍首相のペテンにだまされてはいけない。
(2014年12月2日 日刊ゲンダイ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

美浜原発2基 廃炉検討

関西電力の美浜原発のうち、
運転開始から40年を経過している1・2号基について
廃炉の検討に入ったとの事です。

この2基は出力も弱く、費用対効果が少ないからとの事ですが、
他の全ての原発も、安全対策・廃炉費用なども含めた
費用対効果は、全く少ないはずですね。

「関西電力:美浜2基の廃炉検討 政府、各社に計画提出要請」
http://mainichi.jp/select/news/20140905k0000e020225000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西電力が運転開始から40年以上経過している美浜原発1、2号機(福井県)について、廃炉の検討に入ったことが5日分かった。今後、地元福井県や美浜町と具体的な協議を行い、年内にも判断する見通し。政府は関電以外の電力会社にも、老朽原発の整備計画を年内に提出するよう求める方針だ。

 関電幹部は、毎日新聞の取材に「美浜は老朽化しており、再稼働への道のりは険しい」と話した。

 美浜1、2号機は、それぞれ運転開始43年、42年を経過している。最長20年の運転延長が可能だが、その場合は通常の点検よりチェックが厳しい特別点検を受けることになり、数千億円規模の追加費用が必要になる。また、美浜1号機の出力は34万キロワット、2号機は50万キロワットで、合わせても大飯原発1基分に満たず、費用対効果が小さい側面もある。

 廃炉を決めた場合は、建物などの資産価値が減るため、約300億円の特別損失を計上する必要があるとみられる。決定が年度内なら2015年3月期決算で減損処理をする可能性が高い。関電は原発長期停止に伴う火力燃料費の増加で、14年3月期まで3期連続の最終(当期)赤字に陥っている。現在は4期連続の赤字回避を目指しており、難しい経営判断を迫られそうだ。(2014年09月05日 毎日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

集団的自衛権反対で焼身自殺未遂

話を聞いた時はまさかと思いましたが、本当でした。

「新宿駅前で男性が焼身自殺図る? 集団的自衛権で抗議か」
http://www.asahi.com/articles/ASG6Y55DBG6YUTIL01T.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
29日午後2時すぎ、東京都新宿区西新宿1丁目のJR新宿駅南口付近の歩道橋上で、男性がガソリンとみられる液体をかぶり、ライターで火をつけた。男性は病院に運ばれたが、顔や手足にやけどを負う重傷。直前に集団的自衛権の行使容認などに反対する演説をしていたという。(2014年6月29日朝日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のリツイート数は、約6500。
こんなに沢山の人々が関心を寄せる、大ニュースです。

もっと詳しく知りたいと思ったけれど、
昨日の夜7時のNHKニュースは「北朝鮮のミサイル発射と拉致問題」を
延々とやるだけで、集団的自衛権に関するニュースは
一言も報道しませんでした。

イギリス公共放送のBBCでは、写真付きで詳しく報道されています。

「Japanese man sets self on fire over military rule change」
http://www.bbc.com/news/world-asia-28077429

こぶしを振り上げる安倍首相の写真付きで、
「解釈改憲による集団的自衛権の行使はアメリカを喜ばせるだけ」
と、厳しく批判しているそうです。

ますます公共放送から遠ざかるNHK。
posted by 赤じそジュース at 00:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

国立競技場は建て替えず、神宮の緑を守ろう

Change.org(社会を動かす署名サイト)で、
東京オリンピックのための、国立競技場の建て直し計画を
見直すよう、もっと議論を深めるよう、ネット署名をしています。

ネット署名はこちら
「神宮外苑の青空と銀杏並木の風景を守ろう!巨額の建設費をかけない、いまある国立競技場を直して使おう! JUST SAY NO TO A NEW TOKYO OLYMPIC MEGA-STADIUM ! 」

建て直し計画の問題点は、
1、神宮外苑のイチョウ並木や青空の景観を破壊します
2、常識を超えた巨額の工事費に税金が使われます。
3、災害時の対応やバリアフリーに対し心配です。
4、東日本大震災の復興を阻害すること
5、次世代に負担をかける恐れがあること

神宮外苑のイチョウ並木は、秋は本当にきれいです。
それが、建て替え計画では、イチョウ並木の後ろに
巨大な壁のような競技場が立ってしまいます。

景観を壊し、巨額の税金を使い、東日本大震災の復興の足を引っ張る
建て替え計画は、ぜひ見直して欲しいです。
posted by 赤じそジュース at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

「脱原発」のパブリックコメントは9割超だった 

安倍内閣は、本当に脱原発の意見を無視なんですね。

エネルギー基本計画をつくる際のパブリックコメントの結果は
「脱原発」が95%以上なのに、その結果を
公表していなかったそうです。

もちろん、エネルギー基本計画には全く反映されませんでしたね。

「『脱原発』意見、9割超 エネ計画のパブリックコメント」
http://www.asahi.com/articles/ASG5L0FYJG5KULFA00K.html?iref=com_rnavi_srank
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安倍内閣が4月に閣議決定したエネルギー基本計画をつくる際、国民に意見を募った「パブリックコメント」で、脱原発を求める意見が9割を超えていた可能性があることがわかった。朝日新聞が経済産業省に情報公開を求め、開示された分について原発への賛否を集計した。経産省は、そうした意見をほとんど反映しないまま、基本計画で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた。

 経産省が昨年12月6日に示した基本計画の原案に対し、対象の1カ月間にメールやファクスなどで約1万9千件の意見が集まった。経産省は2月に代表的な意見を発表したが、原発への賛否は集計しなかった。

 朝日新聞はすべての意見の公開を求め、経産省は、個人情報保護のために名前を消す作業が終わった2109件分のメール(2301ページ)を開示した。受け付け順で開示したとしており、残りの開示の可否は9月までに決めるという。(2014年5月25日 朝日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発と政治の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

週末は鹿児島へ! とめよう川内原発再稼働

マスコミは、毎日のように
「集団的自衛権」のニュースを流していますが、
その陰で、TPPや介護保険の事など、色々な問題が
影が薄くなっている印象があります。

その一つが「川内原発再稼働」の問題です。
「最初に再稼働をめざす」となっていましたが、
その後どうなっているか、気になっていました。

そしたら、やはり着々と再稼働の準備は進んでいるようですね。

再稼働を止めるため、署名活動が行われています。
10件に7件は、署名に応じてくれているそうですが、
半分はお留守なので、沢山のボランティアに来てもらいたいそうです。


「週末は鹿児島へ! とめよう川内原発再稼働」
 『いちき串木野市』で署名活動を手伝ってください」
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/49213/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鹿児島県にある川内原発について、緊急にお願いしたいことがあります。

川内原発おとなりの「いちき串木野市」で署名活動を手伝ってください。

現在、鹿児島県の薩摩川内市にある、九州電力川内原発の再稼働審査が原子力規制員会によって優先的に行われています。

昨年9月以来全国すべての原発は停止中ですが、この審査に合格すると、川内原発が全国初の再稼働に大きく近づいてしまいます。

審査合格に加えて再稼働に必要なのが「地元同意」。

「地元」とは、川内原発の場合、鹿児島県知事と薩摩川内市長。

残念ながら、お二人とも再稼働に前向きな姿勢が報道されています。

鹿児島で長年川内原発に反対されてきた地元のみなさんが、たちあがっています。

そこで、鹿児島で長年川内原発に反対されてきた地元のみなさんを中心に「避難計画を考える緊急署名の会」が立ち上がり、6月議会に向けて、いちき串木野市の全世帯13000戸を訪問して署名を集めています。

いちき串木野市長と市議会議長に対して、「九州電力と鹿児島県に再稼働しないよう申し入れること」を求める署名です。

とにかく人手が必要です。

ぜひご参加・ご協力をお願いできないでしょうか。

なぜ、「いちき串木野」?

・原発がある市町村の次の地元が「隣接市町村」です。

川内原発の場合、それが「阿久根市」と「いちき串木野市」で、九州電力との原子力安全協定で、原子炉等の増設・変更等の説明を受け、それについて意見を言うことができ、九州電力は誠意をもって対応しなくてはなりません。

・いちき串木野市の市議会議員18名中、すでに7名が再稼働に反対しています。ここで、多くの市民が反対していることを示せれば、再稼働を止める大きな力となります。

週末は鹿児島へ

わたしも5月10日、11日と個別訪問をして署名集めを手伝いました。

10軒に7軒が署名に応じてくださいました。

きっと、全戸訪問さえできれば、過半数の市民の署名が集まるでしょう。

けれども、訪問した半分以上が、お留守でした。

だから、何回もの訪問が必要ですし、13000戸すべて訪問するには多くの人手が必要です。

署名活動は、6月8日までの毎週末行われます。

これまでのべ40人ほどがボランティアとして署名活動に関わり、1016筆が集まっています。

わたしも、来週もう一度いきます。

ぜひ、いっしょに参加しませんか?

(以下、署名活動が初めての方へ、鹿児島へ行かなくてもできること、など
沢山の情報が載っています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 01:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

伊方町長選挙 脱原発派が立候補

伊方原発のある、愛媛県伊方町の町長選挙が
4月8日に告示されるそうです(13日投票)。

一昨日までの立候補者は3人。すべて原発推進派でした。

ところが3月27日に、脱原発派の小田々豊氏が立候補を表明。
候補を公募していたのに、だれも応募がなかったので、
急きょ決心されたそうです。

まだ事務所も決まっていない様子ですが、ぜひ頑張ってほしいですね。

伊方町では脱原発の話はタブーだそうで、
29日に開かれた立候補予定者の公開討論会に、
なんと小田々豊氏は参加させてもらえなかったそうです!

「会の進行などを書いてあるシナリオが全部狂うから」
と言うのが最大の理由らしいですが、
それではまるで「ヤラセ討論会」。

公平な選挙には程遠いやり方ですね。
やはりおかしい原子力ムラ。

ところで立候補に供託金50万円が必要で、現在17075円。
集まらなければ辞退しないといけないのだそうです。
ぜひカンパしましょう。

振込先→ゆうちょ〇〇八支店 普通0572591原発いらない人々

小田々豊氏のツイッターはこちら。
https://twitter.com/kujirakun

絶対に脱原発を実現するために、選挙活動を
ゼロから頑張っている様子が、良く伝わってきます。

その中の「伊方町ファンクラブ」の話が、ちょっと泣けます。
https://twitter.com/kujirakun/status/449145375245361152
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さん、伊方町が脱原発の町に進む決意をしたら、それを称えて伊方町ファンクラブに入ってもらえますか? 伊方町丸ごと販売株式会社(仮称)を設立し、伊方町の少ししかないけど良いモノを個人個人のファンの皆様にお届けする。 #伊方町ファンが100万人 いれば伊方町は原発廃炉が決められます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん入りますよ!
posted by 赤じそジュース at 01:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発と政治の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

2号機でロボット回収不能

以前から作業ミスの多かった福島第一原発ですが、
またそんなミスが起こったようです。

以前も汚染水タンクが満杯になったのに気がつかず
大量の汚染水漏れを起こしたり、
昨日も4号機の使用済み燃料の移送作業中に
クレーンが止まったり。

どれも気をつければ防げた事故に見えます。
もう熟練の作業員がいなくなっているのではないでしょうか?

原発の再稼働なんて、危なくてとんでもないです。

「2号機でロボット回収不能=作業員、設定知らず―福島第1」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000181-jij-soci
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 東京電力は27日、福島第1原発2号機原子炉建屋5階で調査を行っていた米国製ロボットが作業中に転倒し、バッテリーが切れて回収できなくなったと発表した。
 東電によると、ロボットは米国製の「ウォリアー」。今月13日、原子炉格納容器のすぐ上に当たる建屋5階の汚染状況などを調べるため、複数のロボットで床面のコンクリートなどを採取していたところ、ウォリアーが転倒した。
 外部から電源ケーブルがつながっていたため、作業員は翌14日に元に戻すつもりだったが、同日朝に確認するとケーブルから電源が供給されておらず、バッテリーが切れていた。再起動にはロボット本体のスイッチを操作する必要があるが、建屋内は放射線量が高く、回収を断念した。
 ウォリアーのバッテリーは、満充電になると自動的に外部からの電源供給を停止する設定になっていたが、作業員は知らなかったという。(3月27日(木) 時事通信) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

「私たちは脱原発に舵を切った」 伊吹衆院議長

自民党の伊吹文明衆院議長が、フェイスブックに
「脱原発に舵を切った」と書きこんで、話題になっているそうです。

原発推進党の自民党から、脱原発を語る議員さんが
現れてくるのは、なかなか嬉しいものです。

「『私たちは脱原発に舵を切った』伊吹衆院議長 フェイスブックに」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014031402100005.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 東日本大震災3周年追悼式のあいさつで脱原発を目指す考えを示した伊吹文明(ぶんめい)衆院議長(76)が追悼式前日の10日、自身のフェイスブックに「私たちは、最終目標としては脱原発に舵(かじ)を切った」と書き込んでいたことが自民党内で話題になっている。

 原発維持・推進政策を転換するよう繰り返し安倍晋三首相に呼び掛けている小泉純一郎元首相に続き、自民党出身の「三権の長」が脱原発派への転換を明確に宣言したことで、政府のエネルギー基本計画案など党内の原発議論に影響が出る可能性がある。

 書き込みは「あの大惨事の教訓を忘れてはならないのに、被災地以外では大震災以前と変わらぬ日々の暮らしが営まれている」と指摘。その上でエネルギー政策に関し「核エネルギーはコストの安い電力を供給するが、3・11の自然の力の前に抑制の効かない人間の弱さをさらけ出した。自然をコントロールしているつもりの技術は、人間の心の弱さが出ると自然の報復を受ける」と、原発の危険性を強調した。

 脱原発の道筋として「相変わらずエアコンを使い、深夜テレビを見て、24時間コンビニを利用している」といったライフスタイル見直しや省エネ、省電力を呼び掛けた。

 伊吹氏は衆院京都1区。大蔵官僚から1983年の衆院選で初当選し、当選10回。党幹事長や財務相、文部科学相などを歴任。2012年12月から衆院議長を務めている。

 震災追悼式では、東京電力福島第一原発事故に関し「ふるさとに戻ることができず、放射性物質に苦しんでいる方々が多くいる現実を忘れるべきではない」と強調し「将来の脱原発を見据えて議論を尽くしてまいりたい」と述べた。(2014年3月14日 東京新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発と政治の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。