2013年03月31日

祝! 浪江・小高原発の新設断念

東北電力が計画していた「浪江・小高原発」を
断念する方針を固めたそうです。

「東北電:浪江・小高原発の新設断念へ 地元理解見通しなく」
http://mainichi.jp/select/news/20130328k0000e040187000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2013年東北電力が、浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の新設計画を断念する方針を固めたことが28日、同電力への取材で分かった。予定地が東日本大震災による東京電力福島第1原発事故後に警戒区域となり、事故の影響で地元の理解を得られる見通しが立たないことから、建設不可能と判断したとみられる。原発新設計画の断念は、福島第1原発事故以降、全国で初めて。

 浪江・小高原発は出力82万5000キロワットで、予定地は浪江町と南相馬市小高区にまたがる。震災の津波で浸水し、原発事故で全域が警戒区域となった。小高区側は昨年4月に避難指示解除準備区域になり、浪江町側も来月1日に同区域に変わる。

 浪江町の馬場有町長、南相馬市の桜井勝延市長は立地を認めない考えを表明。南相馬市議会は建設中止の決議を、浪江町議会は誘致を白紙撤回する決議を、ともに11年12月に全会一致で可決した。両市町とも11年度以降、浪江・小高原発計画に伴う電源立地等初期対策交付金を辞退している。

 東北電力は、16年度着工、21年度運転開始としていた計画を、昨年3月に経済産業省に提出した電力供給計画の中で「未定」と変更していた。

 南相馬市の桜井市長は取材に「東北電力から何も聞かされていないが、断念するのであれば私たちの意思通りだ」と語った。浪江町の原発立地を担当する谷田謙一・復興推進課長は、「原発事故で全町避難という被害を受けた町として(東北電力の)断念は当然だ。もっと早く対応してほしかった」と話した。(毎日新聞 03月28日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな所にこんな計画があったのか、とびっくりしましたが、
計画は1960年代に立てられ、1967年に浪江町議会が
誘致を決定していたのだそうです。

そんな以前の計画が(幸いにも)いまだに実現されなかったのは、
原発建設に反対する人々の結束が固く、
用地の買収が進まなかったからだそうです。

ウィキペディアより 「浪江・小高原子力発電所」

日本中に建てられてしまった原発ですが、
計画が断念されるまで、反対を貫いた方々がいて下さった事は、
大変心強い事だと思いました。

そして何はともあれ、原発建設計画が断念された事は
大変めでたい事です。

浪江町のような状況になって、やっとしぶしぶ計画を撤回した
しぶとい電力業界ですが、他の計画中の原発も、
少しずつ、じわじわと断念されていきますように。
posted by 赤じそジュース at 00:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

「八重の桜」の視聴率

今年に入って、どうもブログを書く元気が出ません。

いい加減な事は書けないと思って、あちこち調べるので、
記事を一つ書くにもそれなりの時間がかかるためでもあります。

でも、もう3月も終わり。桜も満開です。

脱原発の気持ちは全く変わっていないので、
あきらめていない証拠に、たまには書かなくてはと思います。

で、今年の大河ドラマ「八重の桜」ですが、
すてきな綾瀬はるかの主演でもあり、視聴率が楽しみでした。

ところが20%を超えたのは初回だけで、
最近は15%にもならないほどだそうです。

幕末の歴史も良く分かり、我が家では毎回見ているのですが、
原因の一つは「日本人のテレビ離れ」ではないでしょうか。

ドラマ以外のジャンルでも、最近は20%を超える番組が
めったにないそうです。

「3.11以来、テレビのニュースが信じられなくなった」という
人も結構いますし、テレビを見なくなったという方も
私の周りでも増えています。

「八重の桜」も、10年前だったら平均20%はあったでしょう。

私も、テレビのニュースや番組は、どうせ裏があるのだろうと、
ごく一部の番組以外、見る気がしなくなっています。

ニュースを見る時も「裏に隠されたニュースは何だろう?」
と思いながら見ています。

たとえば3月に入って、北海道はひどい吹雪に襲われていましたが、
吹雪の被害については、ニュースで沢山流していましたが、
「電力不足」とは一言も言いませんでしたね。

ほくでん・でんき予報
http://denkiyoho.hepco.co.jp/forecast.html

原発の再稼働も「電力不足だから」と言って進めようとしていますが、
吹雪の北海道でさえ、電気は不足しませんでした。

本当に不足なら、まずはテレビの放映時間を減らして欲しいです。

こちらもどうぞ「テレビの断末魔の声が聞こえる 」
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/710.html
posted by 赤じそジュース at 01:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。