2014年12月08日

最も景気を良くしたのは鳩山政権

12月2日の「日刊ゲンダイ」に、
「最も景気を良くしたのは鳩山政権だ」という記事がありました。

リーマンショック以降、最も景気を良くしたのは鳩山政権で、
民主政権時代はGDPは5%も成長したそうです!

それは「子供手当」や「高校無償化」によるものなんだとか。

安倍首相は、何かというと「民主政権時は悪かった」と
繰り返していますが、全然ウソだったんですね!

そんなウソまで付いて「この道しかない!」と
繰り返すのを見ると、まるでオレオレ詐欺のように見えてきます。

ところで当時、官僚たちは「子供手当」や「高校無償化」を
「バラマキだ」と、さんざん非難しましたが、
事実は全く逆。本当は国民は喜ぶべきだったんですね。

官僚たちは、真実を隠して、自分たちの望む所に
国民の意見を誘導するのが、本当にうまいです。

直接国民にお金を渡す事は、
官僚が裁量できるお金が減る事を意味します。
だから絶対反対。

国民が自分で自分の首を絞めるよう、誘導したのですね。

「データが裏付け 安倍首相「民主政権で日本経済衰退」のウソ」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155387
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総務省が11月28日に発表した10月の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は前年同月比4%減。4月以降7カ月連続のマイナスで、アベノミクスの失敗が改めて浮き彫りとなった。

 それでも安倍首相は「民主党政権時代よりマシだ」「あの3年3カ月で日本経済は衰退した」と民主党を攻撃しているが、お門違いもいいところだ。08年のリーマン・ショック以降、日本の景気を最も上向かせたのは、実は鳩山政権だった。

 裏付けるデータもある。家計調査は消費支出と同時に毎月、「勤労者世帯の収支」を公表している。働く世代の実収入や可処分所得、消費支出の統計で、世帯主が会社・団体の役員である世帯は対象外。サラリーマン家庭の台所事情がよく分かる経済指標だ。

「10月分」の数値をさかのぼると、リーマン後のピークは2010年10月。可処分所得は前年同月比8.4%増の41万9532円、消費支出は同4.7%増の32万727円だった。そこから今年10月は可処分所得が1万4850円も減り、消費支出は4573円ダウン。

「10年10月といえば民主党政権の誕生から丸1年。鳩山政権は普天間迷走の責任を取って退陣していましたが、政権当初に実施した『子ども手当』や『高校無償化』など政策のタネが、ちょうど花を咲かせたと言っていい。子育て世帯の所得を直接増やし、あるいは下支えした結果、家計に余裕が生まれて消費が伸びたのだと思います」(経済評論家・斎藤満氏)

 国民の生活が第一、コンクリートから人へ……これらの政策の正しさはGDPの成長率にも表れている。民主党政権の3年3カ月でGDPは5%強も成長したが、安倍政権の2年間の成長率は1.5%にとどまる。この1年に限れば3四半期でマイナス成長だ。

「勤労者世帯を豊かにしなければ消費は伸びず、経済のパイは大きくなりません。民主党政権は確かに失政が目立ちましたが、勤労者を重視する経済政策に大きな過ちはなかった。アベノミクスは逆に資産家や大企業を大事にして勤労者との格差を拡大させてしまった。民主党はもっと、経済政策に自信を持つべきです」(斉藤満氏)

 有権者も断じて安倍首相のペテンにだまされてはいけない。
(2014年12月2日 日刊ゲンダイ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。