2012年11月09日

「国民の生活が第一」と「小沢一郎」の文字をネットで流そう

新聞やNHKの報道が、どこかおかしいと思い始めたのは、
今年の夏、「消費増税法案」が成立した時の事です。

新聞には、小沢氏がどれだけの国会議員を集めて反対するか、
その記事が連日トップで報道されていました。

私は迂闊にも、小沢グループが反対すれば、
消費増税法案は否決される、そういう事かと思っていました。

ところが、結果はあっけなく法案通過。
小沢グループが何人で反対しようと、関係なかったのです。

それが分かって、本当に、騙されたような気分になりました。

それ以来、小沢氏に関する情報をネットで読んでいるうちに、
4年に渡る小沢裁判も、全くのでっち上げだった事も分かりました。

そしてマスメディアは、本当に大切なことは伝えていなくて、
政府や官僚・アメリカに都合のよいように、
国民を誘導するための情報にあふれている、と思いました。

ところで「国民の生活が第一」は、
10人以上の国会議員を有する政党の中で、
唯一「反原発」「反消費増税」「反TPP」を掲げています。

これは政府や官僚・アメリカにとって、許しがたい主張です。

だから「国民の生活が第一」と「小沢一郎」が支持されないよう、
日本のメディアは、殆んどといって良いくらい、
一切ニュースを流していません。

国民の意識の中から、その存在を消そうとしているかのようです。

それに対して、支持が急落中の維新の会や、
まだ出来てもいない石原新党の事は、
毎日のように取り上げています。彼らの主張は許せるからです。

これは、ある意味洗脳です。いや、立派な洗脳かも。。

それなら、ネットでどんどん
「国民の生活が第一」「小沢一郎」の文字を広めましょう。

新聞やテレビでは「国民の生活が第一」の支持率を
1〜2%としか報じていませんが、ネットでのアンケートでは、
時期を問わず、自民党に次いで、第2位の支持率があります。

「小沢新党「国民の生活が第一」 ネット世論調査では支持率41%!」
(ゲンダイネット 2012年8月3日)
野田内閣の支持率(4%)、生活の支持率(41%)

「あなたが望む次の政権の枠組みは?」
(Yahoo!みんなの政治 2012年10月10日〜10月15日)
民主(3%)、自民(21%)、生活(32%)、維新(2%)

この方が実感として合っている気がしますし、
新聞やNHKニュースが報じる支持率は、かなり怪しい気がします。

だって多くの国民は「反原発」「反消費増税」「反TPP」ですものね。

ところで「反小沢」をテーマにしているという、
とあるブログ(ブログランキング上位)を見てみたら、
ちっとも「反小沢」の事が書いてありません。

それどころか「(今度の選挙では)小沢新党が
意外に健闘する可能性も私はあると思います。」
と書いてあるではないですか!

これが現実なのだと思います。
posted by 赤じそジュース at 01:24| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 脱原発と政治の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主政権のあまりの酷さと小沢裁判が切っ掛けでした。
ただただ真実が知りたくて貪るようにネットと本で情報を集め、愕然。
いままで信じていたものはなんだったのか?!
以来その思いが元に戻ることはなく、一度も止めたことのなかった新聞も、去年の初めに止めました。
日本は独立国家の体をなしていませんね。
Posted by 目覚めた at 2012年11月09日 18:41
私は今まで政治に関心がありませんでした、しかし 小沢議員の裁判の事 これはおかしいと、興味を持ちはじめて色々の事がわかってまいりました貴方のおっしゃる通りです、今の世の中を変えてくださるのは小沢一郎議員だけと確信しております、国民の生活第一絶対に応援いたしております。、
Posted by きよた at 2012年11月16日 03:03
目覚めたさま

おっしゃる通りですね。私も今の日本の現状を知って、愕然としている一人です。同じ思いの方がいて下さって、嬉しいです。
Posted by 赤じそジュース at 2012年11月18日 01:26
きよたさま

私は選挙を棄権した事はないのですが、何も知らなかったと猛反省しています。小沢裁判のひどさを見るにつけ、今回は国民の生活が第一を信じようと思っています。
Posted by 赤じそジュース at 2012年11月18日 01:36
小沢さんは嘉田さんに知事就任時より着目 そして原発反対の市民運動と政治が見事にマッチングするでしょう。金でほっぺたはたかれても命には代えられません。いくら口座の残高が増えようが、次の事故を起こしたらもう終わりです。
Posted by 未来派 at 2012年12月03日 16:19
未来派さま

本当に、その通りですね。日本未来の党には、これからも息長く活動してもらいたいです。
Posted by 赤じそジュース at 2012年12月15日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

前原若造自著言及の2009年民主党マニフェストに関わる小沢一郎氏への薄汚い責任転嫁
Excerpt:  国家戦略担当大臣だか何だか知らないが、前原誠司が今頃になって、近く出版予定の自身の著書の中で民主党2009年マニフェストの高速道路無料化やガソリン暫定税率廃止政策は「当初から納得できなかった」ポピュ..
Weblog: 『ニッポン情報解読』by手代木恕之
Tracked: 2012-11-09 03:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。