2014年03月28日

2号機でロボット回収不能

以前から作業ミスの多かった福島第一原発ですが、
またそんなミスが起こったようです。

以前も汚染水タンクが満杯になったのに気がつかず
大量の汚染水漏れを起こしたり、
昨日も4号機の使用済み燃料の移送作業中に
クレーンが止まったり。

どれも気をつければ防げた事故に見えます。
もう熟練の作業員がいなくなっているのではないでしょうか?

原発の再稼働なんて、危なくてとんでもないです。

「2号機でロボット回収不能=作業員、設定知らず―福島第1」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000181-jij-soci
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 東京電力は27日、福島第1原発2号機原子炉建屋5階で調査を行っていた米国製ロボットが作業中に転倒し、バッテリーが切れて回収できなくなったと発表した。
 東電によると、ロボットは米国製の「ウォリアー」。今月13日、原子炉格納容器のすぐ上に当たる建屋5階の汚染状況などを調べるため、複数のロボットで床面のコンクリートなどを採取していたところ、ウォリアーが転倒した。
 外部から電源ケーブルがつながっていたため、作業員は翌14日に元に戻すつもりだったが、同日朝に確認するとケーブルから電源が供給されておらず、バッテリーが切れていた。再起動にはロボット本体のスイッチを操作する必要があるが、建屋内は放射線量が高く、回収を断念した。
 ウォリアーのバッテリーは、満充電になると自動的に外部からの電源供給を停止する設定になっていたが、作業員は知らなかったという。(3月27日(木) 時事通信) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392850723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。