2014年12月08日

最も景気を良くしたのは鳩山政権

12月2日の「日刊ゲンダイ」に、
「最も景気を良くしたのは鳩山政権だ」という記事がありました。

リーマンショック以降、最も景気を良くしたのは鳩山政権で、
民主政権時代はGDPは5%も成長したそうです!

それは「子供手当」や「高校無償化」によるものなんだとか。

安倍首相は、何かというと「民主政権時は悪かった」と
繰り返していますが、全然ウソだったんですね!

そんなウソまで付いて「この道しかない!」と
繰り返すのを見ると、まるでオレオレ詐欺のように見えてきます。

ところで当時、官僚たちは「子供手当」や「高校無償化」を
「バラマキだ」と、さんざん非難しましたが、
事実は全く逆。本当は国民は喜ぶべきだったんですね。

官僚たちは、真実を隠して、自分たちの望む所に
国民の意見を誘導するのが、本当にうまいです。

直接国民にお金を渡す事は、
官僚が裁量できるお金が減る事を意味します。
だから絶対反対。

国民が自分で自分の首を絞めるよう、誘導したのですね。

「データが裏付け 安倍首相「民主政権で日本経済衰退」のウソ」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155387
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総務省が11月28日に発表した10月の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は前年同月比4%減。4月以降7カ月連続のマイナスで、アベノミクスの失敗が改めて浮き彫りとなった。

 それでも安倍首相は「民主党政権時代よりマシだ」「あの3年3カ月で日本経済は衰退した」と民主党を攻撃しているが、お門違いもいいところだ。08年のリーマン・ショック以降、日本の景気を最も上向かせたのは、実は鳩山政権だった。

 裏付けるデータもある。家計調査は消費支出と同時に毎月、「勤労者世帯の収支」を公表している。働く世代の実収入や可処分所得、消費支出の統計で、世帯主が会社・団体の役員である世帯は対象外。サラリーマン家庭の台所事情がよく分かる経済指標だ。

「10月分」の数値をさかのぼると、リーマン後のピークは2010年10月。可処分所得は前年同月比8.4%増の41万9532円、消費支出は同4.7%増の32万727円だった。そこから今年10月は可処分所得が1万4850円も減り、消費支出は4573円ダウン。

「10年10月といえば民主党政権の誕生から丸1年。鳩山政権は普天間迷走の責任を取って退陣していましたが、政権当初に実施した『子ども手当』や『高校無償化』など政策のタネが、ちょうど花を咲かせたと言っていい。子育て世帯の所得を直接増やし、あるいは下支えした結果、家計に余裕が生まれて消費が伸びたのだと思います」(経済評論家・斎藤満氏)

 国民の生活が第一、コンクリートから人へ……これらの政策の正しさはGDPの成長率にも表れている。民主党政権の3年3カ月でGDPは5%強も成長したが、安倍政権の2年間の成長率は1.5%にとどまる。この1年に限れば3四半期でマイナス成長だ。

「勤労者世帯を豊かにしなければ消費は伸びず、経済のパイは大きくなりません。民主党政権は確かに失政が目立ちましたが、勤労者を重視する経済政策に大きな過ちはなかった。アベノミクスは逆に資産家や大企業を大事にして勤労者との格差を拡大させてしまった。民主党はもっと、経済政策に自信を持つべきです」(斉藤満氏)

 有権者も断じて安倍首相のペテンにだまされてはいけない。
(2014年12月2日 日刊ゲンダイ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

集団的自衛権反対で焼身自殺未遂

話を聞いた時はまさかと思いましたが、本当でした。

「新宿駅前で男性が焼身自殺図る? 集団的自衛権で抗議か」
http://www.asahi.com/articles/ASG6Y55DBG6YUTIL01T.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
29日午後2時すぎ、東京都新宿区西新宿1丁目のJR新宿駅南口付近の歩道橋上で、男性がガソリンとみられる液体をかぶり、ライターで火をつけた。男性は病院に運ばれたが、顔や手足にやけどを負う重傷。直前に集団的自衛権の行使容認などに反対する演説をしていたという。(2014年6月29日朝日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事のリツイート数は、約6500。
こんなに沢山の人々が関心を寄せる、大ニュースです。

もっと詳しく知りたいと思ったけれど、
昨日の夜7時のNHKニュースは「北朝鮮のミサイル発射と拉致問題」を
延々とやるだけで、集団的自衛権に関するニュースは
一言も報道しませんでした。

イギリス公共放送のBBCでは、写真付きで詳しく報道されています。

「Japanese man sets self on fire over military rule change」
http://www.bbc.com/news/world-asia-28077429

こぶしを振り上げる安倍首相の写真付きで、
「解釈改憲による集団的自衛権の行使はアメリカを喜ばせるだけ」
と、厳しく批判しているそうです。

ますます公共放送から遠ざかるNHK。
posted by 赤じそジュース at 00:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

国立競技場は建て替えず、神宮の緑を守ろう

Change.org(社会を動かす署名サイト)で、
東京オリンピックのための、国立競技場の建て直し計画を
見直すよう、もっと議論を深めるよう、ネット署名をしています。

ネット署名はこちら
「神宮外苑の青空と銀杏並木の風景を守ろう!巨額の建設費をかけない、いまある国立競技場を直して使おう! JUST SAY NO TO A NEW TOKYO OLYMPIC MEGA-STADIUM ! 」

建て直し計画の問題点は、
1、神宮外苑のイチョウ並木や青空の景観を破壊します
2、常識を超えた巨額の工事費に税金が使われます。
3、災害時の対応やバリアフリーに対し心配です。
4、東日本大震災の復興を阻害すること
5、次世代に負担をかける恐れがあること

神宮外苑のイチョウ並木は、秋は本当にきれいです。
それが、建て替え計画では、イチョウ並木の後ろに
巨大な壁のような競技場が立ってしまいます。

景観を壊し、巨額の税金を使い、東日本大震災の復興の足を引っ張る
建て替え計画は、ぜひ見直して欲しいです。
posted by 赤じそジュース at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

9条にノーベル賞を 賛同者は9,500人以上

前回の記事「9条にノーベル賞を」ですが、
署名数が9500人を超えています!

一昨日見た時は2500名程度だったので、2日で7000人が
署名した事になります。

署名が1万人以上集まると、一段とアピール力が強くなるそうです。
1万人まで、あと少し!

先日、安倍首相が「改憲の問題は息長く」と言っていましたが、
このまま行くと、いつの日か改憲しそうで恐ろしいです。

3.11の時、世界中から支援してもらえたのも、
一つには日本が戦争をしない国だった事も大きいでしょう。

世界に誇れる第9条を変えてはいけません。

ネット署名はこちら http://chn.ge/1bNX7Hb

こちらもどうぞ↓

「憲法9条を守る最強の手段はこれだ!」
http://www.amakiblog.com/archives/2014/01/05/#002823
posted by 赤じそジュース at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

9条にノーベル賞を

1月3日の東京新聞にあった記事です。

「憲法第9条にノーベル賞を」
たった一人のお母さんが始めた運動だそうです。

凄く良いアイデアですね!
署名サイトは一番下にありますが、
署名が集まるほど、委員会へのアピールになるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「9条にノーベル賞を」一人の母親の運動 広がる
戦争放棄を定めた憲法9条にノーベル平和賞をー。神奈川県の女性が一人で始めた運動がある。荒唐無稽のようだが、ここにきて現実味を帯始めた。ノーベル委員会への推薦資格のある大学教授らが協力を表明したのだ。

このアイデアを思い付いたのは、神奈川県座間市の主婦鷹巣直美さん(37)。一昨年、欧州連合(EU)が「地域の統合により、国家の和解と平和を進めた」として平和賞に選ばれた。

「戦後70年近くも日本に戦争をさせなかった9条にも資格がある」とひらめいた。安倍政権が改憲への動きを活発化する中、「受賞すれば9条を守れる」と思ったことも大きかった。

「社会問題に無関心な学生」だった鷹巣さんを変えたのが、留学先のオーストラリアで出会った各国の難民だった。戦火や暴力で心身ともに傷つき、それでも立ち直ろうとする姿。「戦争に巻き込まれずにすんでいるのは平和憲法のおかげだ」と実感した。

7歳の長女と1歳の長男の子育ての傍ら、昨年1月からネット上で「9条にノーベル平和賞を」というキャンペーンを始めた。集めた署名は、ノルウェーのノーベル委員会に随時送った。しかし、委員会からはメールで「個人か団体に授与するもので憲法のように抽象的なものは候補になれない」との返信があった。

実は「9条にノーベル平和賞を」という運動は、今回が初めてではない。1991年に「第9条の会」を米国で立ち上げたオハイオ大名誉教授のチャールズ・オーバービー氏(87)が過去に推薦しようとしたが、鷹巣さんと同じ理由で委員会から断られた。

そこで鷹巣さんが考え付いたのが、「9条を保持している日本国民」という枠組みだった。鷹巣さんが地元の市民団体などに話したところ、賛同する市民らによる実行委員会が昨年8月に発足した。

(中略)ノーベル平和賞の推薦締め切りは2月1日。昨年は259の個人・団体がノミネートされた。多くの推薦人が多様な理由で推薦する事と、賛同する人の署名が多いほど、委員会へのアピールになるという。

詳しくは「憲法9条にノーベル平和賞を』実行委員会」の署名サイトへ。
 http://chn.ge/1bNX7Hb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェイスブックもあります。
https://www.facebook.com/nobelpeace9jou/info
posted by 赤じそジュース at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

巨大すぎる新国立競技場「神宮の森美観壊す」

2020年の東京オリンピックに向けて、
神宮外苑に建設予定の「新国立競技場」ですが、
実は凄く巨大で、景観を壊すほどなんだそうです。

神宮外苑は東京初の風致地区で、景観を守るために
建物の高さの規制は15メートルなんだそうです。

でも、東京都は今年6月に規制を緩和、競技場のために、
何と一気に75メートルに上げたのだそうです!

これでは、外から見ると「巨大なコンクリートの壁」になるとか。

面積もロンドンの3倍なのに、敷地は7割しかないそうで、
費用も少なくとも1300億円かかる見込みだそうです。

写真で見た「新国立競技場」は、なかなかいいデザインと思ったのですが、
何と無駄に大きな施設になるのですね。

論文を発表した槇文彦さんは
「必要な情報が公開されず、国民が是非を判断する機会が
与えられていない事が問題」と述べていますが、全くその通り。

3.11からの復興もままならないのに、こんな計画だったとは、
これからもぜひ問題提起をお願いしたいです。

「『神宮の森 美観壊す』20年五輪 新国立競技場巨大すぎる」 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013092302000121.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二〇二〇年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場をめぐり、世界的建築家の槇文彦さん(85)が計画の大幅な見直しを求める論文を発表した。新競技場は自然の美観が保存されている東京・明治神宮外苑の風致地区に立地する。槇さんは、現計画では巨大すぎて歴史のある景観を壊すと懸念。莫大(ばくだい)なコストがかかる恐れもあるのに、関連した情報が知らされていないと指摘する。  (森本智之)

 「新競技場は数字(延べ床面積)だけ大きくて、必要かどうか疑わしい機能が多い」

 槇さんが異議を唱える最大の理由は、新競技場の巨大さにある。先月、日本建築家協会の機関誌『JIAマガジン』に問題を指摘する論文を発表した。

 文部科学省所管の独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)によると、「世界一のスタジアム」を目指した新競技場は、新宿区霞ケ丘町の現国立競技場を取り壊して建て替える予定だ。施設を大幅に拡充。開閉式の屋根を備え、観客席を五万四千席から八万席に増やすほか、スポーツ関連の商業施設や博物館・図書館などを加え、延べ床面積は五・六倍の二十九万平方メートルにふくらんだ。

 神宮外苑は崩御した明治天皇をたたえようと、内苑(ないえん)である明治神宮とともに整備され、一九二六(大正十五)年に完成。東京で初の風致地区に指定され、景観を守るため開発が規制されてきた。

 ところが、高いところで高さ七十メートルに達する巨大な競技場を建てるため、都は今年六月に高さ規制を緩和。十五メートルから七十五メートルへと五倍に緩めた。

 これに対し、槇さんは「外観上、新競技場は大部分がコンクリートの壁になる。これでは単なる土木加工物。歴史的に濃密な地域の美観を壊してしまう」と危惧。「景観を守るために作ったルールを自ら否定した」と、都を批判する。

 二十九万平方メートルの床面積は、昨年のロンドン五輪のメーンスタジアムと比べ約三倍の特大サイズ。しかし、敷地面積はロンドンの七割しかない。

 槇さんは、コストの問題も指摘する。

 国際基準では、五輪の主会場に使う競技場は観客席が六万人以上必要だ。だが槇さんによると、ロンドン五輪では八万席のうち六割以上は仮設だった。

 「全て本設にしなくても五輪はできる。終わった後、八万人もの観客席がどれだけ使われるのか。十七日間の祭典に最も魅力的な施設は次の五十年、百年後、都民にとって理想的とは限らない」

 試算したところ、観客席の一部を仮設にし、過剰な駐車スペースや余分な関連施設を減らすだけで、少なくとも数百億円のコストが削れるという。

 槇さんは「必要な情報が事前に十分に公開されず、国民が計画の是非を判断する機会が与えられていないことが問題」と指摘。有志の建築家らとシンポジウムを開いたり、要望書を提出したりすることを検討している。

 JSCの担当者は「各界の代表にお願いした有識者会議で、必要な意見は吸い上げている。計画は確定というわけではなく、必要なら見直す可能性はある」と話している。

<まき・ふみひこ> 東京都出身。東京大で故丹下健三氏に師事。米ハーバード大大学院修了。「モダニズム建築」の旗手として知られ、主な作品は東京・代官山の複合施設ヒルサイドテラス、幕張メッセ、名古屋大豊田講堂など。建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を師の丹下氏に続き、日本人として2人目の受賞。イスラエルのウルフ賞や米建築家協会ゴールドメダルなど受賞多数。

<国立競技場の建て替え計画> 1958年に完成した現競技場は老朽化が進み、五輪会場の基準を満たしていない。2016年五輪の招致では晴海地区にメーンスタジアムを新設する計画だったが、交通アクセスの悪さなどが指摘され、現在地に建て替えることが決まった。新競技場には、VIP席・個室席(2万5000平方メートル)、スポーツ博物館・商業施設(計2万1000平方メートル)、地下駐車場(900台分)なども計画。15年秋の着工、19年春の完成を見込む。総工事費は少なくとも1300億円かかる見通し。(2013年9月23日東京新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

「浜岡再稼働反対」の2市長が当選

4月21日(日)は、ミニ統一地方選挙の日だったんですね。

浜岡原発の30km圏内にある2つの市長選挙で、
再稼働反対の立場を取る現職が当選したそうです。

良かったですね☆

今日の毎日新聞に「安倍政権の支持率は66%」と書いてありましたが、
TPP&原発推進政権がこんなに高い支持率なんて、全然信じられません。

何しろ1587世帯のうち、回答のあった1031人の結果なのですから、
毎度のことながら、国民の声を反映しているとは思えません。

前回の衆議院議員選挙は、各新聞の予想通りとなってしまいましたが、
新聞が予想値を載せるから、それに選挙民が引きずられた面も
かなりあるでしょう。

このような地方選挙の結果が、国民の意見だと思いたいです。

「選挙:ミニ統一地方選 「再稼働反対」2市長当選 静岡・浜岡30キロ圏、掛川と袋井」
http://senkyo.mainichi.jp/news/20130422ddm041010087000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 21日のミニ統一地方選で、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の30キロ圏にある同県掛川、袋井、磐田の3市長選が投開票された。掛川、袋井市では「現段階で再稼働を認めない」と明言する現職が当選。原子力規制委員会が30キロ圏を「緊急防護措置区域」(UPZ)に設定して以来、圏内で浜岡原発の再稼働を認めない首長の選出は焼津、菊川市に続き4市になった。

 規制委は昨年10月、新しい原子力災害対策指針を決定し、従来は8〜10キロ圏だった防災対策の重点区域を30キロ圏に拡大。浜岡原発の場合は11市町が30キロ圏に入り、うち2市は5キロ圏内の「予防防護措置区域」(PAZ)になった。再稼働で自治体の同意は必ずしも必要ないが、各自治体は安定ヨウ素剤を備蓄したり、避難計画を作成したりしており、地元の理解が不可欠となっている。

 現職と前職の一騎打ちになった掛川市長選で、再選した現職の松井三郎氏(66)は東海地震の想定震源域にある浜岡原発の立地について「適地とは言い難い」と従前から懸念を表明し「安全が確認できるまで再稼働は認めない」との立場を示していた。前職の戸塚進也氏(73)は「原発を全面否定しない」と条件付きで再稼働を容認しており、スタンスの違いが明確になった。

 袋井市長選は現職の原田英之氏(70)ら2人が立候補。2人とも再稼働を容認せず、原田氏は「安全対策が完了しても認めない」との立場を示し3選を果たした。磐田市長選では立候補した2人とも再稼働に対する考えを明示せず、争点化しなかった。

 掛川市は浜岡原発の10キロ圏。中部電と従前から安全協定を結び、重要事項について事前協議しており、袋井市は10キロ圏の自治体と同様に安全協定の締結を中部電に求めている。

 一方、中部電は「選挙結果へのコメントは控えるが、再稼働に地元の理解を得られるよう安全対策を徹底する」(幹部)との立場だ。津波対策工事を年内に終え、原発の新規制基準が義務付ける「フィルター付きベント(排気)装置」を15年3月までに3、4号機に設置し、それ以降の再稼働を目指す。(毎日新聞 2013年04月22日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 赤じそジュース at 01:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

ご冥福をお祈りします

今日は東日本大震災の日から1年目。

テレビや新聞のメディアにも、多くの特集が組まれています。

毎日新聞の特別版に、亡くなった方々のお名前が掲載されていました。

4ページに渡って、ただ、亡くなった方々のお名前と年齢が、
お住まいだった市町村別に載せられています。

私の親戚やお友達は、幸いな事にだれも犠牲になった人はいません。
でも、実際犠牲になった方のご家族、ご友人のお気持ちを思うと、
これらのページは、とてもすぐには目を通す事ができませんでした。

それにしても、何と多くの方々がなくなった災害だったのでしょう。

改めて、何とすさまじい大災害だったのだと思いました。

犠牲になられた方々には、心からご冥福をお祈りいたします。

だれもが安心して暮らしていける日本に、一日も早くなりますよう、
これからもささやかながら動いていけたらと思います。
posted by 赤じそジュース at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

地震イツモノート

「地震イツモノート」という本を読んでみました。
http://www.sotokoto.net/books/jishin/

これは、阪神淡路大震災を体験された方々のお話を集めた本で、
3月11日のあとで買ったのですが、何となく読まずにいました。

それが、12月から1月にかけて、また大地震が起こるかも?
という話を聞いて、やっと読む気になったものです。

色々な人の体験談を集めてあるので、どこからでも読む事ができます。
なので、最初はパラパラと、興味のある所から読んでみました。

以前「大地震が来るかも」と、簡単にブログに書きましたが、
実はかなり怖いです。

本当に来た時、どこで何をしていれば良いのか、
どうずれば最悪な事態を避けられるのか、何を準備すればいいのか、
全く何も分かりません。

でも、この本を読んで、少しだけ覚悟が決まりました。

日本の面積は、世界の面積の400分の1、
そこに世界の地殻エネルギーの1割が集まっているのだそうです!

だから地震があるのは当たり前。

地震と付き合いながら生きて行くのが、日本人なんだそうです。

この本には「地震の瞬間、地震の直後、ライフラインが止まった時
救援活動、避難生活」などなど、

その時その時に起こった事、役に立ったこと、地震への備え方などが
具体的に書かれてあります。

地震のイメージトレーニングができた、
そんな感じにさせてくれる本でした。
posted by 赤じそジュース at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

TPPと沖縄基地

野田首相が、APECでTPP交渉参加に向けたて
関係国と協議を始めると表明しましたね。

そのニュースとほぼ同じ時に、沖縄にいるアメリカの海兵隊が、
一部グアムに移転する計画の概要が明らかになったそうです。

「在沖縄米海兵隊:戦闘部隊一部グアムへ」
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20111113k0000e010014000c.html

一部のグアム移転は、以前から計画されていましたが、
今回計画は戦闘部隊を含み、そのためにアメリカ兵の事件や事故が
減少する可能性もあるそうです。

それは良い事でしょうが、何だかTPP交渉参加表明に対する
アメリカのご褒美のような気がしてしまいます。

ところで、カナダとメキシコもTPPに参加の方向との事ですね。

「カナダとメキシコも参加方針=TPP交渉、米側に伝達」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000012-jij-int

カナダやメキシコの農業が、NEFTA(北米自由貿易協定)のお陰で
大変な打撃を受けていると聞いたのに、大丈夫なのでしょうか?

あるいは、利益のためには犠牲もやむを得ない判断なのでしょうか。

このお陰で、TPPの狙い(中国に圧力をかける?)が
少しはっきりしてきたようにも思いました。
posted by 赤じそジュース at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

カナダとメキシコの場合

今夜、野田首相が
「TPP交渉参加に向けて関係国と協議に入ることにした」
と表明していました。

そのニュースで知ったのですが、
野田首相は千葉県議時代、貿易自由化にただ一人賛成した、
筋金入りの「貿易自由化論者」なんだそうですね。

その首相がほんの少しだけ譲歩したのですから、
これは一定の成果があったという事でしょう。

今までは、国の発展は貿易、それも工業製品の貿易に
かかっていたかもしれませんが、これからは農産物になるはずです。

先日、世界の人口が70億人を超えました。

という事は、これからは、水や食料の確保が、
ますます大きな問題になるという事です。

これからの世界は、自国の農業を大切にして、し過ぎる事はないでしょうし、
貿易になれば、農業国の優位は明らかです。

アメリカと貿易協定を結んだメキシコのトウモロコシ農家が、
壊滅的な打撃を受けているという話を聞いて、検索してみました。

すると、こんなブログがヒットしました。

「TPPは軍事支配できなくなったアメリカが
金融支配をねらった最後の博打」
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/9805829a0638289ce339ebb83f4f4a94

NHKBSで11月5日に放送された
「TPP世界各国の思惑」という番組が紹介されています。

NHK総合では決して見られない、TPP問題を客観的に
検証した番組だそうです。YouTubeも見られます。

それによると、TPPのモデルとなったNEFTA(北米自由貿易協定)では、
5年間でカナダの農業の70%がアメリカ資本に買収され、
利益は全てアメリカに流れているそうです。

また、メキシコは、安価なアメリカのトウモロコシが大量に輸入され、
メキシコ農家は壊滅的な打撃を受けているそうです。

アメリカの平均耕作面積は、メキシコの約32倍あるそうで、
メキシコ農家は、全く太刀打ちできなかったのですね。

メキシコほどの広い国ですらそうなのですから、
いくら日本が大規模経営をしたからと言って、
アメリカに太刀打ちできるわけはありません。

アメリカのやり方を見ていると、自国の利益のために
周りの国を利用しているとしか見えなくなります。
posted by 赤じそジュース at 00:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

アメリカが望んだTPP

今日、参加するかどうかを表明するはずだったTPPですが、
野田首相は、表明を延期しましたね。

でも、考えを変えたわけではないそうです、残念。

TPPという仕組みは、やはり変です。
どう見てもアメリカのためとしか思えません。

韓国はアメリカとFTAという協定を結びかけていますが、
これは例外品目の設定を検討できるそうですが、
TPPにはそれもなく、あまりにも包括的で、
危険が潜んでいる可能性が、大いにあるそうです。

例えば参加国は、各国の政治問題にまで
踏み込む事が可能になる事を、否定できないそうです。

例えば日本が原発を廃止しようとしても、
アメリカの反対で出来なくなる可能性もあるという事です。

政策によっては、アメリカに訴えられる事も
あるという人もいます。とんでもない話です。

また、農産物は、大規模経営のアメリカに勝てるはずはありません。

「孫」の歌手でサクランボ農家の大泉逸郎さんの記事がありました。

「特集ワイド:TPP交渉参加問題 気になるあの人に聞いた」
「参加するなら食べられる方策示して」
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111108dde012020012000c.html

アメリカのサクランボの輸入が解禁になってから、
日本のサクランボ農家は、味の改善などの高級化をはかり、
何とか生き残られたそうです。

でも、サクランボだけで生活できる規模の農家はなく、
後継ぎ難は深刻なんだそうです。

こんなに野田首相がTPPにご執心の背景には、
支持率が大きく下がってきたオバマ大統領が、
かなり強力に圧力をかけてきた事もあるようです。

アメリカに、何らかの嫌がらせをされないためのTPP参加、
そんな背景がある気がしてなりません。
posted by 赤じそジュース at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

宮城県で漢方薬の甘草栽培

新聞に、津波による塩害で作付ができなくなった農地で、
漢方薬の甘草の試験栽培が進んでいるという記事が載っていました。

「塩害転じ、福呼べ甘草 漢方生薬、試験栽培順調」
「宮城を一大産地に」  毎日新聞
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20111107ddlk04040080000c.html

「甘草」というと、有名な葛根湯にも入っている生薬です。
私も風邪を引いた時、時々お世話になります。

漢方薬の70%に入っているそうで、大変消費量が多いのですが、
日本では栽培できず、100%中国から輸入しているそうです。

それが、塩害を受けた農地で、順調に育っているのですから、
これは「災い転じて福となす」になるかもしれません。

甘草は、乾燥や日照りなどの厳しい環境でよく育つそうで、
高い塩分濃度が、甘草が育ちやすい環境になった可能性があるそうです。

薬効成分に関しては、来年に収穫するまでは分からないそうですが、
ぜひうまく行って、全国有数の甘草生産地になってほしいです。
タグ:甘草 漢方薬
posted by 赤じそジュース at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

TPPが分からない

近ごろ原発とともにニュースになっているTPP。

はっきり言って、こんなものを推進する意味が分かりません。

今朝もテレビをつけたら、NHKで「激論!TPP」
という番組をやっていました。

日本の農業がつぶれて、自給率がさらに下がってしまう、とか
環太平洋と言いながら、カナダもメキシコも中国も入っていない、とか
薬の値段が、アメリカの言いなりになってしまう、とか、

他にも色々な反対意見がありましたが、ありすぎて
よく覚えていないくらいです。

TPPで関税の撤廃と言いますが、そもそも今の輸出不振の原因は、
関税のためではなく、歴史的な円高にあるのは明らかです。

今日の新聞にも、推進論者と反対論者の議論が、
奇妙なほどかみ合っていない、という記事がありました。
(記事はネットで探せませんでしたが)

反対論者の目的が国民を守る事なのに対して、
推進論者の目的は、オバマ政権のテコ入れにあるからだそうです。

毎日新聞が暴露した、政府の「TPPに関する内部文書」に
「アメリカがAPECで大きな成果を表明できるのは難しい。
もし日本がTPPに参加表明できれば、
アメリカが最も評価するタイミング」とあるのだそうです。

アメリカのためのTPP参加。

確か原発も、最初はアメリカの強い意向で建設したのだと
記憶しています。

アメリカに強く言われると、言われるがままになってしまうのは
40年たっても変わらないという事でしょうか。

朝のNHKの討論会で、推進派の人が
「不利になりそうになったら、強く言えばいい」と言っていましたが、
一番の心配が「いざという時に、強く言えない日本」なのです。

首相官邸に反対の電話した人が、
「反対の意見もありますが半分は賛成の声です」
と言われたそうです。

私たちの意見を、ぜひ伝えましょう。 

首相官邸の電話「03-3581-0101」
首相官邸への意見 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
タグ:TPP
posted by 赤じそジュース at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

日本の製品を買いたい

最近、大震災の話題と同時に、ヨーロッパの金融危機の話題が
新聞やテレビで毎日のように流れてきます。

経済に弱い私は、日本はどうなるのだろう?と、
気が気ではありません。

こんな時は、輸出に頼るより、自国内で物を売って行く事が
とても大切だと聞きました。

確かにそうですね。日本の中で売り買いをすれば、
為替の変動に左右されず、お金はしっかり回って行きます。

私も買い物をする時は、できるだけ
「日本製」と書いてあるものを選ぶようにしています。

多少高くても、それを買う事で経済が回って
日本の経済状態が少しでも良くなれば、こんなに嬉しい事はありません。


家具・生活雑貨専門店「フランフラン」の運営会社が
東証での上場をやめるそうです。

東証に見切り、海外上場を目指す「フランフラン」の決断
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111004-00000000-toyo-bus_all

海外の方が法人税が安く、商談成立も早く、
社長もすでに香港に移り住んでいるとか。

フランフランの雑貨は、私も好きで「自分へのご褒美」的に
たまに買っていたのですが、この記事を読んで、
ちょっと考えてしまいました。

日本では資金調達もやりにくかったとの事ですが、
それでも日本で頑張っている企業も多いです。

私は、日本で頑張ってくれている企業の製品を、できるだけ
買いたいと思います。
posted by 赤じそジュース at 23:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

増税でもかまわない

大震災のための復興増税が、あちこちで議論されているようです。

昨日、テレビで民主党内の論議の様子が、少しだけ写っていました。

そこでは増税反対派の人が
「こんなに不況とデフレの時に、増税は経済学的にありえない」
と言っていました。

でも、この意見はおかしいと思いました。

今のような未曾有の災害が起きた時、何を置いても
災害に遭われた方々の生活を立て直す事が必要です。

もしこの状況が経済学的にありえないのであれば、
今の経済学の方がおかしいのです。

今までの、リーマンショックを起こしたような経済学ではなく、
これからの世の中に合ような、新しい経済学を作ってほしいものです。

たとえ私の暮らしが今より苦しくなっても、
それで1人でも多くの方が助かるのなら、私は増税に賛成です。
タグ:復興増税
posted by 赤じそジュース at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

民主党代表選挙

何だかよく分からないままに、民主党代表選挙が終わった。

今日はニュースを見る暇がなかったので、経過が分からないが、
野田さんが選出されたというテレビのニュースを聞いて、
すごく意外な感じがした。

それと同時に、海江田さんや前原さんではなかった事に、
何だか安心感を感じた。

大震災以後、何の動きも感じられなかった小沢さんなのに、
選挙の話になったら、途端に頭をもたげてきて、
とにかく選挙に勝つためだけに動きまわっている感があった。

その姿勢こそ、震災の被害に遭っている方々をそっちのけにした、
自身の権力維持のためだけの選挙運動と見られても仕方がないだろう。

もう、そんな政治は本当に終わりにしてほしい。

今回の選挙で、5人が立候補したが、
それぞれに主張する事があって、それも好感が持てた。

以前、自民党でも同じく5人が立候補した事があったが、
その時は、党利党略のためのポーズにしか見えなかった。

始めの頃は、候補者としては弱いと言われた野田さんだが、
言いにくい増税の事も、ただ一人主張していた。

その態度は立派だと思う。

これからの日本を背負っていくのは、大変困難な事だけれど
皆で協力して、国民の声をよく聞いて、
ぜひぜひ乗り切って行ってほしい。
タグ:民主党
posted by 赤じそジュース at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

宮崎駿さんの「No原発」ミニデモ

ブログの更新が数日おきなのは、書く事がないのではなくて、
時間がないからです。

脱原発・自然エネルギーの事では、
書きたい事が山ほどあるのに、なかなかまとめ切れません。

今日は珍しく一日暇なので、
家事の合間に3回目の更新ができました。
なんと、一日の更新新記録達成です☆

で、記念の3回目の記事はこちら。

「原発抜きで映画を作りたい」
「宮崎駿さんの『No原発』ミニデモ」
http://www.fast-fasting.com/news_yqBQgH5Uo.html

宮崎駿さんが、首に「No!原発」のプラカードを下げて、
2人のスタッフさん?と一緒に歩いています。

こちらに大きめの写真があります。
http://akiyamamomoka.seesaa.net/article/219811932.html

宮崎駿さんと言えば、放射能で汚染された近未来を舞台にした、
短編の名作「On Your Mark」の作者でもありますね。

これを初めて見た時、見終わってから言葉がありませんでした。

こんな世界を、私たちの子孫に絶対に残してはいけないのだけれど、
どこか本当になりそうな、胃のあたりが重くなって行くような
感覚がありました。

その宮崎駿さんが、こんな風にミニデモをなさるのは、
どんなお気持ちだろうと思うと、ちょっぴり涙も出てきます。
posted by 赤じそジュース at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

疲れがたまって

最近、人と話していると
「良く眠れない」「疲れが取れない」「やる気が出ない」
などと話す人が多い。

普段元気に動いている人も、今度の震災で、
かなりストレスがたまっているはずだ。

もちろん、被災された方々の苦しみには比べようもないが、
無事だった私たちまで動けなくなってしまっては、まずい。

いつもと違う、そんな状態を「ダメな自分」とか
「サボっているようでイヤ」などと見ないようによう。

そして、無理をしないでゆっくり休んで、
また元気になったら動き出そう。
posted by 赤じそジュース at 22:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

穏やかな一日

今日は久しぶりに「いい日だな」と思える一日だった。

お天気もいいし、風もなく、何より地震がほとんど感じられなかった。

地面が揺れない事が、こんなにも穏やかな気分にさせてくれるなんて、
以前は考えた事もなかった。

原発は、まだまだ全く予断を許さない状況だが、
地震さえなければ、少しずつ進展があるかもしれない。

これからどんな生活になっていくのか、全く分からないが、
とりあえず穏やかな一日を過ごせる事の幸せを、
しみじみかみしめてみる。

そして、被害に遭われた方々に、どのような協力ができるのか、
じっくり考え、行動していきたいと思う。
タグ:地震 原発
posted by 赤じそジュース at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。